子なし夫婦の不動産の相続人は誰になる?相続に関するトラブルや対策も解説

2024-04-16

子なし夫婦の不動産の相続人は誰になる?相続に関するトラブルや対策も解説

子なし夫婦が亡くなった際、不動産を含む遺産の相続人は誰になるのか、これはよくトラブルに発展する問題です。
子どもがいないからこそ、遺産を貰う対象となる方がはっきりせず、誰に権利があるのかわからなくなってしまいます。
この記事では子なし夫婦の相続人が誰になるのか、起きやすいトラブルとその対策について解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

子なし夫婦の相続人は誰になる?

子どものいない夫婦の相続人として、一般的に挙げられるのは配偶者と、両親や祖父母といった血族相続人です。
基本的には配偶者と両親となりますが、どちらも亡くなっていれば親等が近い順に権利が移り、甥や姪であっても相続人になる場合があります。
ただ、兄弟姉妹の孫は対象にならないため、権利があるかどうかは専門家に相談すると良いでしょう。
この際、配偶者は3分の2、直系尊属が3分の1といった貰える遺産の配分が法定相続分が民法で定められています。
ですがこの民法で決められた配分よりも、遺言や遺族間での協議分割が優先されるので注意しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却における譲渡損失とは?利用できる特例もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

子なし夫婦の相続において起きやすいトラブルとは

配偶者が他の親族と不仲なため、話し合いが長引いてしまうのは、子なし夫婦の遺産相続で起きやすいトラブルです。
遺産の分配についてお互いの妥協点が見つからず、時間がかかってしまいがちです。
また、すでに亡くなっている方に対して遺産をすべて渡すといった遺言は、その相手が受け取れないので遺言の効力が失われます。
この場合、遺産を受け取る相手がいないため誰が遺産を受け取るのか、問題に発展するケースがあります。
不動産や土地など、分けるのが難しい遺産も問題になりがちで、どう分けるのかで問題になりがちです。
不動産や土地の場合、相続する方がその価値に見合う金額を代償金として支払う方法もあります。
ですが代償金の金額をどうするか、金額が高くて支払えないなど、話し合いを長引かせる要因になるリスクも考えられます。

▼この記事も読まれています
相続時の遺産分割協議とは?トラブルや解決策を解説!

\お気軽にご相談ください!/

相続トラブルを回避するための対策とは

遺産に関するトラブルを回避するための対策として、遺言状を作って誰に相続させるのか明確にするのが重要です。
また生前贈与を利用して、生前に遺産を渡したい相手に贈与しておけば、遺産から外されます。
ただ、贈与税がかかる点と、3年以内の贈与については相続財産に持ち戻される点に注意しなくてはいけません。
生命保険に入っている場合、その受取人を配偶者にしておくのも対策のひとつです。
その他に、不動産や土地と言った分割が難しい遺産がある場合は、事前に現金化して分けやすくしておくのも重要になります。

▼この記事も読まれています
農地・遊休農地の土地活用方法とは?農地に必要な税金もご紹介!

まとめ

子なし夫婦が持つ不動産などの遺産相続は、親族間でもめ事になり、頭を悩ませる方も少なくありません。
問題が起きないように、生前に夫婦間でどちらかが亡くなった場合について、遺言状などの対策をしておきましょう。
自分たちで判断が難しい場合は、専門家に相談すれば対策ができて安心です。
所沢市の不動産売却・相続など不動産のことなら絆家不動産株式会社へ。
24時間、不動産査定依頼を受け付けております。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

042-978-6787

営業時間
09:00~19:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ